あとりえmamama@

Graphic Design+Web Design+Illustration
プロフィールギャラリーworksリンクブログcolor
paperboy&co.

 花を贈るなら日比谷花壇  iTunes Music Store(Japan)

<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
blog top

SOHO,在宅ワークの求人


<< 夏休み あと10日・・・ | main | 小さな額絵の大展覧会 ただ今制作中 >>
独学ですが
武蔵美にてデザインの勉強はしていますが、当時はまだまだアナログ時代。ついでに卒業して働いていたときも版下が全盛期。写植屋さんがいなければ何も出来ませんでしたし、紙焼きをする機械(名前・ど忘れ・・・後に判明。トレスコープというやつです)も必需品。後にフリーになったとき会社から押しつけられて?自宅へ持って行くことになったりして。巨大なものなのでえらいもんでした。
当然パソコンなるものも大学にはなかったし、会社にもワープロしかなかったし、DTPなる言葉は入ってきても値段が高すぎて個人では手が出ないものでした。後にダンナがMacとIllustrator(バージョンはいくつだったか、フロッピーでしたよ)を買ってきたもののその当時は使いこなせずいたものでした。
で、月日は流れ我が家にやってきたオレンジ色のiMac!最初はインターネットが主でしたが、Illustratorも入れたので使っているうちになんとか操作できるようになり、イラストなども描けるようになり、ダンナの会社からも少しですが仕事をいただき現在に至るわけでございます。
web関係もそうですが、パソコン関係のソフトは全て独学で学んできました。学生時代、色彩学の授業でポスターカラーを使って色環を作るのがとても苦手でした。ムラ無く塗ることも色を作るのも。版下時代ロットリングという製図用のペンが苦手で線も上手に引けなかったものでした。
でもパソコンとは相性が良いみたいで簡単に色を塗ったり線を引いてくれたりすることで、そういったアナログな技術に悩まされることなくデザインすることが出来るようになりました。
求人サイトなどを見ていると、ソフトに関することで独学かどうか書くところがある場合があります。Illustrator、Photoshop、web関係のソフトは今では学校でも勉強できますが、ソフトの使い方だけを学ぶのではなくデザインの本質を教えてくれるようなところがよいですね。で私の場合そういった流れには乗れず学校で学ぶことは出来ませんでしたが、今まで積み重ねていったことは現在現役でデザイナーとして働いている人には負けないと思っています。どうしたらそれを世の人に?分かっていただけるかが今後の課題でありますが。


あとりえmamama@ Graphic Design+Web Design+Illustration


あとりえmamama@ Graphic Design+Web Design+Illustration
| atelier-mam | Mac | 18:03 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑TOP
おじゃまします。こちらでは「はじめまして」でしたね。
懐かしいお話でした。私も毎日行きましたよ「写植屋さん」。紙焼きも懐かしいけれど「神焼き」は新鮮でした!PCって辞書が要らないから楽ですよね。おもしろい変換が出て来て笑えますよね。私はPCとは相性が悪いみたいで(ただ説明を読まないだけの話ですが)よくソフトが行方不明になっていました。たぶんしまい方がわからず捨てちゃったんだと思います。
| 色えんぴつ | 2007/09/11 11:30 AM |










トラックバック機能は終了しました。
| | |